0190 夏着物(薄物) 小紋 化繊
original
5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca 5b47a4e3ef843f1b56002bca

0190 夏着物(薄物) 小紋 化繊

残り1点

¥5,400 税込

対象アイテムと同時購入で割引

送料についてはこちら

蝶文様は現代でも振袖から小紋、帯にと幅広い文様として親しまれています。形や色が美しい分少し豪華すぎるイメージがありますが、こちらの着物は透かしのような柄付けですので派手になりすぎず着用して頂けます。また可憐な蝶は若い人むけ….という印象もありますが控えめなデザインなものを選べば大人っぽく長く愛用して頂けると思います。 日本橋江戸姫 ブランドディレクター 夏木元みなみ 夏になると裏地のついた。袷(あわせ)の着物では暑くなります。特に暑さが増す7月と8月は裏地がついていない単衣の中でも『薄物(うすもの)』と呼ばれる着物を着ます。薄物の着物は主に、絽(ろ)や紗(しゃ)、麻(上布-じょうふ)、絹紅梅(きぬこうばい)などの薄くて透け感のある生地で仕立てられています。濃い色の着物を着て白の襦袢が透けるのを効果的に利用したり、着物も帯も淡い色や寒色系で揃えて涼やかに着こなすなど、定番の浴衣よりもワンランク上の見せ方ができるのが夏の着物の大きな魅力です。もちろん名古屋帯、袋帯だけでなく、半幅帯を使ってカジュアルに着こなすのもオススメです。日本橋江戸姫では、付け下げ、小紋、色無地と、様々な夏のシーンやTPOに合わせて着られる厳選された夏の姫着物を多数ラインナップしています。是非今年の夏は日本橋江戸姫イチオシの夏着物にチャレンジしてみてください。 ◯種別:小紋 ◯素材:化繊 ◯仕立て(季節):薄物(7月・8月) ◯色:水色 ◯文様:幾何学、蝶 ◯身丈:161.5cm ◯裄丈:66.5cm ◯袖丈:48.5cm ◯袖幅:34.5cm ◯前幅:25cm ◯後幅:31cm ◯襟:広衿 ◯リユースランク:良品Bランク ◯備考:表地の衿周りにシミ汚れが見られますが、外観は良好な状態です。 ◆ランク表示に関して Sランク:目立たない箇所にもシミ・汚れはほぼなく、大変状態の良いお品です。 Aランク:わずかなシミ汚れはある場合がございますが、リユース品としては状態の良いお品です。 Bランク:目立たない箇所に汚れやシミ、焼け等はございますが、外観は良好な状態です。 Cランク:多少の汚れはございますが、問題なく着用いただけます。 Dランク:汚れやシミ等があるため着用は個人差となります。リメイクにお勧めです。 ◆サイズ表記について ◯着丈(きたけ) 身丈とは身長のことで、着物の身丈が身長のマイナス5~10cmから、プラス5~10㎝が基本とされます。おはしょりで調節ができますので、概ねプラスマイナス5cm前後のお着物をお選びいただければ問題ありません。 ◯裄丈(ゆきたけ) 裄丈は、首の付け根から手首(くるぶし)までの長さのことです。着付けで調節容易な身丈よりも重要なのが裄丈となります。マイナス5cm~3㎝から、プラス3cm~5㎝までが基本となります。着こなし方の好みもありますが、おおよそプラスマイナス3cmであれば問題ありません。 ◯前幅・後幅 着物は仕立てる際、ヒップのサイズから前幅と後幅を決めます。着物の「前幅」+「後幅×2」+13と計算し、ご自身のヒップサイズの数字に近ければ大体ちょうど良いサイズのお着物ということになります。 ◆ご購入にあたって ◯商品の画像は、極力現物に近い画像を選んでおりますが、スマートフォンやパソコンのモニターなどにより、現物のお色と多少異なることがある場合がございます。お色含め、イメージが違う等の返品につきましては、大変申し訳ございませんがご遠慮下さい。 ◯商品はリユース品の為、表記に無い染みや傷などがある場合もございます。また、汚れなどの見解に関しましては個人差がございますので、神経質な方はご購入をご遠慮下さい。 ◯寸法に関しましては、一品一品手作業での採寸であり、性質上生地の伸縮性もございますので、若干の誤差はご了承下さい。 ◯ごく稀にですが、樟脳やアンティーク特有の匂いがある場合がございます。匂いに関しては、商品コメントには記載しておりませんので、ご理解の上ご購入下さい。 ◯商品のチェックには細心の注意を払っていますが、生地端に縫い糸の余りが残った状態等でお届けする場合がございます。ご理解の上でのご購入と、ご自宅でのお手入れをお願いいたします。 モデル:夏木元みなみ/フォトグラファー:鑑 唯